各部門の警察官からのメッセージ

第三方面機動警ら隊 巡査部長

1 担当業務について教えてください。

男性警察官とペアで、パトカーの機動力を生かし、各種犯罪の予防・検挙活動や交通取締り活動を行っています。
女性ならではのソフトさを生かしながら、職務質問による犯人検挙を目指しています。

2 警察官を目指した理由は?

子どものころから警察官に憧れ、「大きくなったら、パトカーに乗りたい!」という夢を持っていました。
大人になり、「人のために働きたい」と考え始めていたところ、テレビ番組の密着取材を受けている警察官がパトカー乗車中に不審者を発見して職務質問し、検挙する姿に「強さ」、そして、街の中で見る、困っている人を助ける警察官の姿に「優しさ」を感じ、自分の将来像として目指すようになりました。

3 印象が残った取扱いについて教えてください。

第三方面機動警ら隊に配属されて初めての当務日のことです。
仲間の隊員が対応中の違法薬物事案に、パトカーで応援に向かうことになりました。その現場には他の隊員も集まり、協力して対応することにより、無事に検挙することができました。
このとき、隊員が力を合わせて事件解決へと向かう姿勢と仲間の元へすぐに駆けつける迅速な行動から、第三方面機動警ら隊の団結力を感じ、自分がその一員になれたことに誇りを感じました。

4 警察官のやり甲斐について感じるところを教えてください。

警察官という仕事は、安心・安全なまちづくりに貢献できる仕事です。
“交通取締り”と聞くと良いイメージを持たれない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、地域の方々の中には「子どもが事故に巻き込まれないか」と不安を感じている方も多いのです。
地域の皆さんから「取り締まってくれたお蔭で事故が減ったわ、ありがとう。」「ご苦労様、気をつけてね。」と声を掛けられると、自分の仕事が皆さんの安全を守っていると感じることができ、警察官になって良かったと思います。

5 警察官を目指している皆さんへのメッセージをお願いします。

警察官という仕事は、現場経験を積めば積むほど楽しくなります。仕事をする上で悩むこともありますが、悩んだときには、苦労が予想されても積極的に行動できる方を選んでいます。なぜなら、その先に楽しみや喜びが待っているからです。
つまり、積極的に行動すれば、応援してくださっている方々からの「ありがとう」の声や、「正義の味方」として子どもたちからの憧れのまなざしを感じることができるのです。
皆さんも、この楽しみや喜びを感じるために警察官になってみませんか。

6 特に女性の方へのメッセージをお願いします。

私はパトカー乗務員を目指していましたが、これまで地域部には女性パトカー乗務員がいませんでした。しかし、日々の努力が認められ、女性隊員の1人になることができました。初の女性隊員ということで、配属時には期待と同時に不安もありましたが、研修も充実し、施設も女性向けに整備されており、安心して勤務することができています。
大阪府警は、努力をすれば、男性女性を問わず希望が叶う職場です。
自分の夢の実現に向け頑張ってください。