試験場で直接受験される方

準中型免許

試験の順序

仮免許学科試験→仮免許技能試験→準中型免許学科試験→準中型免許技能試験

4つの試験合格後に準中型車講習及び応急救護処置講習を受講しなければなりません。

受験資格

18歳以上

仮免許の受験(準中型)

学科試験(仮免許)

運転に必要な知識について、50問の択一式又は正誤式で行います(30分)。
合格基準は、90%以上の成績が必要です。

学科試験が免除される方

普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許をお持ちの方は、学科試験が免除されます。

受付場所・受付時間等(仮免許)

場所 受付時間 試験開始
門真運転免許試験場 休日を除く月曜日から金曜日
午前8時45分から午前9時30分
午前10時
光明池運転免許試験場 休日を除く月曜日から金曜日
午前8時45分から午前9時30分
午前9時40分

必要なもの(仮免許)

  • 他の種類の運転免許を既に取得している方は、その免許証
  • 他の種類の運転免許を取得していない方は、次の1と2
  1. 本籍(外国籍の方は国籍等)が記載された住民票の写し(コピー不可)
  2. 健康保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、パスポート、学生証、社員証などの身分を証明するもの
    ※「国籍等」とは、「国籍の属する国又は台湾並びにヨルダン川西岸地区及びガザ地区」のことです。
  • 写真1枚:
    6か月以内に撮影した無帽・正面・上三分身・無背景のもの
    大きさは、縦3センチメートル×横2.4センチメートル
    (写真の審査基準については「写真の審査基準」のページをご覧下さい)
  • 筆記用具:鉛筆HB、消しゴム、ボールペン
  • 届出教習所に入所している方は届出自動車教習所教習証明書
  • 眼鏡等(必要な方)
  • 手数料
区分 試験手数料 交付手数料 車両使用料
仮免許 2,850円 1,100円 1,550円

技能試験(仮免許)

技能試験は後日の実施となり、学科試験に合格された方に技能試験日が指定されます。

準中型免許の受験

学科試験

運転に必要な知識について、95問の択一式又は正誤式で行います(50分)。
合格基準は、90%以上の成績が必要です。

  • 学科試験が免除される方
  • 普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許をお持ちの方は、学科試験が免除されます。
  • 受付場所・受付時間等
場所 受付時間等
試験開始
門真運転免許試験場 休日を除く月曜日から金曜日
午前8時45分から午前9時30分
午前10時
光明池運転免許試験場 休日を除く月曜日から金曜日
午前8時45分から午前9時30分
午前9時40分

必要なもの(準中型免許受験時)

  • 他の種類の運転免許を既に取得している方は、その免許証
  • 他の種類の運転免許を取得していない方は、本籍(外国籍の方は国籍等)が記載された住民票の写し(コピー不可)
    ※「国籍等」とは、「国籍の属する国又は台湾並びにヨルダン川西岸地区及びガザ地区」のことです。
  • 写真1枚:
    6か月以内に撮影した無帽・正面・上三分身・無背景のもの
    大きさは、縦3センチメートル×横2.4センチメートル
    (写真の審査基準については「写真の審査基準」のページをご覧下さい)
  • 筆記用具:鉛筆HB、消しゴム、ボールペン
  • 仮免許証
  • 路上練習申告書
  • 過去3ヶ月以内に5日以上、仮免許による運転練習が必要です。仮免許取得時にお渡しします「路上練習申告書」に必要事項を記載してください。
  • 眼鏡等(必要な方)
  • 手数料
区分 試験手数料 交付手数料 取得時講習 車両使用料
準中型免許 4,400円 2,050円 準中型車講習
・普通保有者:16,400円
・普通未保有者:27,200円
応急救護処置講習 :3,900円
2,650円

※普通免許、大型二輪免許又は普通二輪免許を持っている場合や医師等の方は、応急救護処置講習は免除されます。

技能試験

学科試験(学科試験が免除される方は、適性試験)合格後に技能試験日が指定されます。
※ 指定される技能試験日は後日になります。

限定解除審査

5トン限定準中型免許を現に受けている方、又は5トン限定準中型免許とみなされる方が、限定のない準中型免許を申請する場合は、限定解除審査の申請になります。門真運転免許試験場又は、光明池運転免許試験場で5トン限定準中型の限定解除審査(要予約)を受けてください。
※平成29年3月11日までに普通免許を取得された方は5トン限定準中型免許とみなされます。

  • 受付時間
    休日を除く月曜日から金曜日
    午前8時45分から午後4時(正午から午後0時45分の間は除く)
  • 必要なもの
    免許証、審査手数料(1,450円)、賃車料(1,550円)、筆記具等、眼鏡等(必要な方)

取得時講習(準中型自動車)

技能試験合格後に、取得時講習(準中型車講習及び応急救護処置講習)を受講しなければなりません。ただし、次の方は受講が免除されます。

準中型車講習が免除される方

準中型免許を受けようとする方で、普通第二種免許を現に受けている方は受講が免除されます。

応急救護処置講習が免除される方

普通免許、大型二輪免許又は普通二輪免許を現に受けている方は受講が免除されます。

注意事項

  • 過去に運転免許の取消処分、拒否処分、国際免許の6ケ月をこえる運転禁止処分を受けた方は、1年以内に取消処分者講習を受講していないと受験資格がありません。ただし、取消等の処分を受けた後、免許(仮免許を除く。)を取得したことがある方は除きます。
  • 自動車等の安全な運転に支障がないかどうかを判断するため、病気の症状等を申告していただきます。
  • 免許証のICカード化により、本籍や免許証番号等の免許情報を免許証に内蔵されたICチップに記録します。これらの免許情報は、大事な個人情報ですので不正に読み取られることを防止するための暗証番号が必要となります。申請の際に設定していただきますので、「4桁の数字2組」をあらかじめ考えておいてください。