遺失物法の改正について

お問い合わせ先
大阪府警察本部 会計課監査室 監査第三係
06-6943-1234 内線22591
平日9時00分から17時45分まで

落とし物や忘れ物の取り扱いが変わりました(平成19年12月10日施行)

1.落とし物や忘れ物の保管期間が3か月になりました

これまでは警察署に拾得物が届けられた場合、 落とし主を探し、また、落とし主からの連絡 を待つ期間は6か月でしたが、その期間が3か月に変更されました。

2.落とし物や忘れ物の情報が インターネットで公表され、探しやすくなりました

各都道府県内で取り扱われた拾得物に関する情報が各都道府県警察のホームページで公表されるようになりました。

3.携帯電話やカード類など個人情報が入った物については、拾った人が所有権を取得できないこととなりました

携帯電話やカード類などの個人情報が入った拾得物については、個人情報の保護の観点から、落とし主が見つからない場合でも、拾得者に所有権が移転しないこととなりました。

4.公共交通機関や店舗など多くの落とし物や忘れ物を取り扱う事業者を対象に特例施設占有者制度が 新設されました

一定の公共交通機関及び都道府県公安委員会から指定を受けた施設の占有者(特 例施設占有者)は、2週間以内に拾得物に関する事項を警察に届け出たときは、その拾得物を自ら保管できるようになりました。

5.傘や衣類など大量・安価な物等は、2週間以内に落とし主が見つからない場合は売却できることとなりました

拾得物は、これまで全て一律に6か月間保管されていましたが、警察署長と特例施設占有者は、傘・衣類等の大量・安価な物や保管に不相当な費用を要する物については、2週間以内に落とし主がみつからない場合は、売却等の処分ができることとなりまし た。

6.動物愛護法による引取りの対象となった犬・ねこは、遺失物法の対象外となりました

拾得者が動物愛護法の規定により、「所有者が判明しない犬又はねこ」を都道府県等に引き取りを求めたときは、これらの犬又はねこについては、遺失物法が適用されないことになりました。