自動車保管場所証明(いわゆる車庫証明)手続き

6.電子申請

(1)対象

電子申請で行うことができる自動車については、国土交通省のホームページ「自動車の保有関係手続きワンストップサービス」申請入力・案内でご確認ください。

(2)申請方法

自宅や職場のパソコンからインターネットを通じて「自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)」によって、自動車保管場所証明申請を含めた関係行政機関の手続きが一括して行えます。(各警察署が電子データ(申請書)を受け取るのは執務時間内となります。)
なお、本サービスの利用には、個人の場合は、住民基本台帳カード(市区町村が発行する本人認証用の電子証明書を有するもの。)、法人の場合は、法務局からの認証情報(CD-R又はフロッピーディスク)及びこれらの情報を読み取る機器等が別途必要です。

(3)保管場所証明書等の取扱い

電子申請で手続きした場合の「保管場所証明書」の情報は、警察から運輸支局に電子送信されますので、「2 自動車保管場所証明(いわゆる車庫証明)について」に記載している運輸支局への提出は不要です。
また、審査等の結果、保管場所として証明できない場合は、申請者宛に「自動車の保管場所証明審査結果通知書」を電子送信(発行)します。
なお、上記の「保管場所証明書」及び「自動車の保管場所証明審査結果通知書」には、警察署長の電子署名が行われています。
手数料は、電子申請送信後に別途通知される番号などの情報に基づき、取扱金融機関(インターネット又はATM)から納付していただきます。

[注意]
手数料の納付確認後に保管場所等の調査を行います。調査の結果、使用の本拠の位置と保管場所の距離が2キロメートルを超える場合や、自動車の全体が収容できない場合など証明書等を交付できない場合であっても納付された手数料は返還いたしません。

(4)保管場所標章等の受取方法

電子申請を行う操作画面上で、保管場所標章及び保管場所標章番号通知書の受取場所について、「警察本部」又は「警察署」のいずれかを選択してください。
「警察本部」を選択した場合は、警察署の交付予定日より遅くなります。交付予定日等については、保管場所の位置(駐車場)を管轄する警察署にお問い合わせください。
なお、警察本部での交付時間は、平日午前11時から午後3時までの間です。
土曜日、日曜日、祝日(振替休日を含む。)及び年末年始(12月29日から翌1月3日)の間は取扱いできません。