大阪府警察ホームページにおける暗号化通信(SSL 3.0)の脆弱性への対応について

インターネットにおいて通信の内容を保護するために使用されている暗号化方式「SSL 3.0」に、深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が発見されました。この脆弱性を悪用すると保護すべき通信の内容の一部が解読される可能性があるため、大阪府警察ホームページではSSL 3.0の利用ができないように設定しました。
最近のWebブラウザ(ウェブサイト等を閲覧するためのソフトウェア、以下「ブラウザ」と言います)をご利用されている場合は、ホームページの閲覧に影響はありませんが、古いブラウザをご利用されている場合やお使いのブラウザの設定によっては、機能の一部が使えなくなるなどの影響が出ることがあります。
ホームページの閲覧に影響がある場合は、お使いのブラウザの設定変更(SSL 3.0の無効化)、又は新しいブラウザにアップデートを実施して下さい。

ブラウザの設定方法等その他詳細につきましては、こちらを参考にして下さい。

IPA(情報処理推進機構)へのリンク(新しいウィンドウが開きます。)​