大阪府警察

4月中の大阪府内の性犯罪等発生情報

■ 発生件数

○強制わいせつ 70件(32件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 19件(10件)

○痴漢 112件(69件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 17件( 7件)

○下半身露出(公然わいせつ)119件(48件) 
うち16歳未満の子どもに対する被害 46(19件)

○声かけ 64件(17件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 51件(14件)

○不審者情報 53件(19件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 35件(12件)

(備考)
・ 「声かけ」とは、女性や子どもが、わいせつな言葉や事実に反する言葉等をかけられて不安に感じ、通報があったものです。
・ 「不審者情報」とは、女性や子どもが、つきまとい、手招き等をされて不安に感じ、通報があったものです。
・ 表の数字は、警察に通報があった数を集計したものです。
・ かっこ内の数字は大阪市内の発生件数です。

■ 発生傾向

○ 公園で友達と一緒に遊んでいる女子児童に声をかけて近づき、体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
○ 「○○駅の場所を教えてください」等道を尋ねるふりをして、女子児童や生徒に近づき、親切に対応する被害者の体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
○ 夜間に、犬の散歩をしたり、ウォーキングしている被害者を襲う強制わいせつ事件が発生しています。

■ 防犯アドバイス

○ 公園で数人の子どもがいる中でも強制わいせつ事件が発生していますので、保護者のみなさんは子どもさんに、友達と一緒にいるときも、知らない人に話しかけられた時は、相手の手が届かない程度離れて話をするように、指導してあげてください。
○ 知らない人に道などを聞かれた時は、相手との距離をあけて対応し、案内してほしいと言われても口頭で説明する程度に止めておきましょう。
○ 防犯ブザーを鳴らして犯人を撃退した事例もあります。夜間、人通りの少ない道等を通る時は、ブザーを手に持つなど、すぐに使えるようにしておきましょう。

[0]Home↑