大阪府警察

3月中の大阪府内の性犯罪等発生情報

■ 発生件数

○強制わいせつ 37件(16件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 12件( 2件)

○痴漢 53件(31件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 9件( 4件)

○下半身露出(公然わいせつ) 74件(23件) 
うち16歳未満の子どもに対する被害 29件( 3件)

○声かけ 52件(13件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 50件(12件)

○不審者情報 34件(17件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 21件( 8件)

(備考)
・「声かけ」とは、子どもや女性が、わいせつな言葉や事実に反する言葉等をかけられて不安に感じ、通報があったものです。
・「不審者情報」とは、子どもや女性が、つきまとい、手招き等をされて不安に感じ、通報があったものです。
・表の数字は、警察に通報があった数を集計したものです。
・かっこ内の数字は大阪市内の発生件数です。

■ 発生傾向

○ 公園で遊んでいる男子児童らに声をかけ、体を触ったり、店舗内にあるトイレで男子児童の体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
○ 道を尋ねるふりをして、女性に近づき、女性の足下に物を落として拾うふりをして、体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
○ 女性に声をかけて、しつこくつきまとって近づき体を触る強制わいせつ事件が発生しています。

■ 防犯アドバイス

○ 男子児童、男子生徒が体を触られる強制わいせつ事件も発生しています。保護者のみなさんは、子どもさんに知らない人から声をかけられた時は、相手が手を伸ばしても届かないぐらいの距離をあけて対応するよう教えてあげてください。
○ 道を尋ねるふり等をして、女性に近づいて犯行に及ぶケースもありますので、子どもだけでなく、道等で知らない人に声をかけられた時は距離をあけて対応してください。
○ 不審者にしつこくつきまとわれるなどして、危険、怖い、と感じた時は、躊躇せず防犯ブザーを活用しましょう。 防犯ブザーは、鞄の持ち手に付けたり、手で持つ等すぐに使えるように持ちましょう。

[0]Home↑