大阪府警察

8月中の大阪府内の性犯罪等発生情報

■ 発生件数

○強制わいせつ 78件(35件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 22件(11件)

○痴漢 90件(49件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 6件(4件)

○下半身露出(公然わいせつ) 74件(30件) 
うち16歳未満の子どもに対する被害 16件( 3件)

○声かけ 44件(20件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 36件(19件)

○不審者情報 35件(16件)
うち16歳未満の子どもに対する被害 15件( 7件)

(備考)
・「声かけ」とは、子どもや女性が、わいせつな言葉や事実に反する言葉等をかけられて不安に感じ、通報があったものです。
・「不審者情報」とは、子どもや女性が、つきまとい、手招き等をされて不安に感じ、通報があったものです。
・表の数字は、警察に通報があった数を集計したものです。
・かっこ内の数字は大阪市内の発生件数です。

■ 発生状況

○マンションのオートロックを解錠するために、鞄の中から鍵を探している女性の後ろから抱きつき体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
○子どもが被害者となる強制わいせつ事件では
 ・ 「虫がついている」「何かついている」と声をかけ近づき、それを取る振りをして、子どもの体を触る事案
・ 公園で数人で遊んでいる子どもに近づき、声をかけて、体を触る事案
等が発生しています。

■ 防犯アドバイス

○マンションに戻ってきても、自宅に帰るまでは、気を緩めず、周りに注意を払いましょう。マンションや自宅に入る時は、後ろに不審者がいないか確認しましょう。
○保護者のみなさんは、子どもさんに、知らない人が話しかけてきた時は、手を伸ばしても届かないくらい距離をあけるように、また、集団で遊んでいても、被害に遭うケースがありますので、「怖い」等違和感を感じた時は、すぐその場から離れるよう(逃げるよう)に指導してあげてください。
○危険を感じた時は、躊躇せず防犯ブザーを活用しましょう。 防犯ブザーは、鞄の持ち手に付けたり、手で持つ等すぐに使えるよう工夫しましょう。

[0]Home↑