大阪府警察の歴史

  • 1990(平成2)年4月1日

    国際花と緑の博覧会の開催に伴う警備

    国際花と緑の博覧会の開催に伴う警備

     1990(平成2)年4月1日から9月30日までの間、大阪市鶴見緑地において、「自然と人間の共生」をテーマに「国際花と緑の博覧会」が開催されました。期間中は、天皇皇后両陛下の行幸啓を始め、国内外から多数の要人の来阪に伴う警衛・警護を実施しました。
    【当時の出来事】
    ・日本人初の宇宙飛行
    ・大学センター試験スタート

  • 1990(平成2)年4月1日

    摂津警察署の新設

    摂津警察署の新設

     日本万国博覧会の開催により、摂津市は北大阪方面の物流基地として繁栄し、急激に人口が増加しました。これに伴い、茨木警察署の管轄区域を分割し、府下第63番目の警察署として新たに摂津警察署を開署しました。
    【当時の出来事】
    ・日本人初の宇宙飛行
    ・大学センター試験スタート

  • 1991(平成3)年3月12日

    全国初の女性鑑識係員の誕生

    全国初の女性鑑識係員の誕生

     全国で初めて、現場鑑識活動に従事する女性警察官として、女性警察官2名を鑑識課に配置し、機動鑑識班員としての運用を開始しました。
    【当時の出来事】
    ・雲仙・普賢岳で火砕流
    ・横綱千代の富士引退、若貴ブーム

  • 1991(平成3)年12月1日

    第三機動隊の新設

    第三機動隊の新設

     関西国際空港建設をめぐる各種事案に対する警備対策を強化するため、それまでの泉州方面警察隊を廃止し、警備部の附置機関として第三機動隊が新設されました。その後、泉佐野市内に庁舎が完成したことから、移転しました。
    【当時の出来事】
    ・雲仙・普賢岳で火砕流
    ・横綱千代の富士引退、若貴ブーム

  • 1993(平成5)年4月1日

    ミナミクリアウェイセンターの新設

    ミナミクリアウェイセンターの新設

     「大阪クリアウェイ作戦」の推進拠点として、大阪市浪速区に、全国で初めて昼夜間を通じて駐車違反の処理を行う「ミナミクリアウェイセンター」を新設しました。
    【当時の出来事】
    ・皇太子殿下が御成婚
    ・北海道南西沖地震の発生
    ・Jリーグ開幕

  • 1993(平成5)年4月1日

    国際捜査課の新設

    国際捜査課の新設

     国際犯罪の増加と関西国際空港の開港を控え、外国人犯罪の激増が予測されたことから、国際捜査体制の強化を図るため、それまでの国際捜査室を所属に昇格させ、刑事部に国際捜査課を新設しました。
    【当時の出来事】
    ・皇太子殿下が御成婚
    ・北海道南西沖地震の発生
    ・Jリーグ開幕

  • 1993(平成5)年7月20日

    KOBANシンボルマークの制定

    KOBANシンボルマークの制定

     全国に先駆けて、外国や地域の人々が一目で分かるように「交番」のシンボルマークが制定されました。このシンボルマークは、男の子がお巡りさんに向かって話しかけているのを優しく聞いている様子をシルエット化したもので、警察職員等から応募のあった718点の中から選ばれました。
    【当時の出来事】
    ・皇太子殿下が御成婚
    ・北海道南西沖地震の発生
    ・Jリーグ開幕​

  • 1994(平成6)年4月1日

    警察官の制服の刷新

    警察官の制服の刷新

     21世紀を迎えるにあたり、親しみやすさの中にも警察官としての品位が保持できる端正なものを目指して服装の刷新が行われ、全国一斉に現在の制服に変更されました。男子警察官は26年ぶり、女性警察官は18年ぶりの全面的な変更でした。
    【当時の出来事】
    ・中華航空機が名古屋で着陸失敗
    ・向井千秋氏、宇宙へ

  • 1994(平成6)年4月1日

    関西空港警察署の新設

    関西空港警察署の新設

     日本初の24時間運行が可能な関西国際空港の開港に伴い、警察活動上の効率性及び空港利用者の利便性を図るために、空港島に府下64番目の警察署としてジャッキアップ機能を備えた関西空港警察署が開署しました。
    【当時の出来事】
    ・中華航空機が名古屋で着陸失敗
    ・向井千秋氏、宇宙へ

  • 1994(平成6)年9月4日

    関西国際空港開港に伴う警備

    関西国際空港開港に伴う警備

     関西国際空港の平穏な開港を目指し、府外からも多数の警察官の応援を得て、昼夜を問わない警備を実施し、1994(平成6)年9月4日に無事開港しました。開港当初、国際線乗り入れ便数は1日48便で、国内線と合わせて1日約4万人の利用客がありました。
    【当時の出来事】
    ・中華航空機が名古屋で着陸失敗
    ・向井千秋氏、宇宙へ

  • 1995(平成7)年1月17日

    阪神淡路大震災に伴う災害警備

    阪神淡路大震災に伴う災害警備

     1995(平成7)年1月17日午前5時46分ころ、兵庫県淡路島北部を震源とするマグニチュード7.2の大型地震が発生しました。この地震により、約6,000人が死亡し、近代に発生した地震としては、関東大震災に次ぐ規模の大惨事となりました。当府警では、発生直後より、救助、避難活動を展開しました。また、被害の大きかった兵庫県には、警察官延べ約6万人、ヘリコプター・パトカー等延べ約5,500台を派遣し、支援活動を実施しました。
    【当時の出来事】
    ・地下鉄サリン事件、オウム事件摘発

  • 1995(平成7)年11月15日

    アジア太平洋経済協力会議(APEC会議)に伴う警備

    アジア太平洋経済協力会議(APEC会議)に伴う警備

     第7回アジア太平洋経済協力会議(APEC会議)の非公式首脳会議が大阪迎賓館で開催されました。東京以外で、初めて首脳級が参加する大型会議が開催されました。当府警では、過去最大の警備体制で臨み、会議直前には、約2万5,000人の警察官を動員し、警戒警備を完遂しました。
    【当時の出来事】
    ・地下鉄サリン事件、オウム事件摘発

  • 1997(平成9)年10月25日

    なみはや国体開催に伴う各種警備

    なみはや国体開催に伴う各種警備

     第52回国民体育大会(なみはや国体)の夏季・秋季大会が長居陸上競技場を主会場として開催されました。これに伴い、天皇皇后両陛下が府下に行幸啓されることとなり、当府警では、体制を強化して警衛警備に臨み、御身辺の安全と円滑な御日程の確保に努めました。また、大会期間中の警備にも万全を尽くし、大会の成功に寄与しました。
    【当時の出来事】
    ・神戸で小学生殺傷事件
    ・ペルー日本大使館占拠事件