地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策の推進

平成28年重点目標推進結果報告書
地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策の推進
推進結果
1 組織総合力の発揮
○ 犯罪抑止戦略本部が中心となり、犯罪情報の集約や共有化を図るとともに、方面機動警ら隊や航空隊等の本部執行隊による警察署の支援等、本部所属と警察署の連携を強化しました。
2 子どもや女性を狙った性犯罪に対する諸対策の推進
○ 性犯罪や声かけ等の前兆事案の発生情報を直ちに集約・分析し、行為者を早期に特定して先制・予防的な検挙や指導・警告を実施しました。
○ 犯罪発生情報の積極的な提供や年齢・性別等に応じた具体的な防犯指導等を実施するとともに、子どもの安全見まもり隊等の防犯ボランティア活動の活性化を図る等、府民の自主防犯行動の促進を図りました。
○ 子どもや女性を狙った性犯罪は、依然として高水準で推移しており、府民の不安感が十分に払拭されたとは言い難いことから、対策を更に強化していきます。
3 ひったくり・路上強盗に対する諸対策の推進
○ 警察署、本部関係所属で情報交換を実施し、被疑者を早期に特定するとともに、多発時間帯や場所に重点をおいた集中的な警戒・検挙活動を実施しました。
○ 被害防止に有効な「ひったくり防止カバー」の普及促進を図るため、時間、場所、対象者を選定したタイムリーかつ効果的な取付キャンペーンを継続して実施しました。
4 自動車関連犯罪に対する諸対策の推進
○ 連続して広域的に犯罪が行われる傾向があることから、警察署と本部関係所属で被疑者の特定につながる情報を共有するとともに、連携して捜査を行うことで被疑者の早期検挙を図りました。
○ 犯罪が多発する駐車場の警戒や駐車場等の管理者に対する防犯環境整備の働き掛けを強化するとともに、ナンバープレート盗難防止ネジの普及促進を図りました。
5 自治体、事業者、地域住民等と連携・協働した安全なまちづくりの推進
○ 自治体等と連携し、防犯カメラを中心とした防犯環境整備を促進するとともに、事業者、地域住民等との合同による各種キャンペーンやパトロールを実施する等、オール大阪体制による安全なまちづくりに取り組みました。
事例
◆ 強制わいせつ事件の検挙
女子中学生に対する強制わいせつ事件が発生し、署員が一丸となった聞込みや防犯カメラ捜査により被疑者の情報を積み重ね、発生から5日後に職務質問により被疑者を検挙しました。
◆ ひったくり事件の検挙
自転車を使用したひったくり事件が発生し、防犯カメラから収集した被疑者画像を速やかに手配し、逃走方向を予測した検問を実施したところ被疑者を発見、職務質問により検挙しました。
◆ 車上ねらい事件の検挙
工具類を狙った連続車上ねらい事件について、警察署と本部関係所属が連携して捜査を行い、被疑者と盗品を買い取っていた古物商を検挙し、車上ねらい等合計188件の事件を解決しました。
◆ 自治体等と連携した防犯カメラの設置促進
平成28年度事業として守口市(1,000台)、大阪市(776台)、豊中市(600台)をはじめ、多くの自治体で防犯カメラ設置事業が推進されました。
参考指標
○ 大阪重点犯罪の認知・検挙状況
・ 認知件数
子どもや女性を狙った性犯罪
強姦 100件(前年比 -23.1%)
強制わいせつ 936件(前年比 -13.7%)
公然わいせつ 294件(前年比 +17.1%)
ひったくり・路上強盗
ひったくり 806件(前年比 -8.1%)
路上強盗 140件(前年比 -22.7%)
自動車関連犯罪
自動車盗 1,577件(前年比 -9.7%)
車上ねらい 11,822件(前年比 +3.8%)
部品ねらい 6,175件(前年比 +4.2%)
・ 検挙人員
子どもや女性を狙った性犯罪
強姦 80人(前年比 -14.0%)
強制わいせつ 312人(前年比 +4.7%)
公然わいせつ 251人(前年比 +8.2%)
痴漢 373人(前年比 +13.4%)
ひったくり・路上強盗
ひったくり 106人(前年比 -0.9%)
路上強盗 62人(前年比 -13.9%)
自動車関連犯罪
自動車盗 99人(前年比 -10.0%)
車上ねらい 201人(前年比 +19.6%)
部品ねらい 122人(前年比 -9.0%)
・ 検挙件数
子どもや女性を狙った性犯罪
強姦 84件(前年比 -5.6%)
強制わいせつ 484件(前年比 +13.3%)
公然わいせつ 258件(前年比 +6.2%)
痴漢 389件(前年比 +13.4%)
ひったくり・路上強盗
ひったくり 212件(前年比 -36.0%)
路上強盗 57件(前年比 -19.7%)
自動車関連犯罪
自動車盗 322件(前年比 +18.4%)
車上ねらい 982件(前年比 -23.0%)
部品ねらい 434件(前年比 +40.0%