大阪府留置施設視察委員会の活動状況について

5 被留置者面接時の申出及び視察委員会への説明

被留置者が視察委員との面接時に申し出た内容に対して、当府警察本部が視察委員会に説明を行いました。

被留置者面接時の申出 視察委員会への説明概要
ラジオの時間を延長して欲しい。 ラジオは、昼食後及び夕食後におおむね30分聴取時間を設けています。
運動は、平日に一人30分程度まで認められています。ただし、3日間以上休日が続くような場合は、いずれかの日を指定して、平日同様に運動できるようにしています。
入浴は、1週間に2回、入浴日を設けて行っています。
いずれも、法律、規則、警察庁指針で定められた範囲内で適正に運用しております。
毎日運動出来るようにして欲しい。
風呂の回数を増やして欲しい。
自弁の食事を購入するに際し、献立が重ならないようにするため、支給される食事の献立表を見せて欲しい。 被留置者から問い合わせがあれば、業務に支障のない場合に限り、献立表の範囲内で教示するよう、努めてまいります。