ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得【2ndステージ】

10月は、自転車乗用中の高齢者の交通事故死者数が最多となる時期

高齢者の自転車乗用中の死者の約8割は負傷部位が頭部と心得よ!

65歳以上の自転車利用者の皆さん
1 自転車に乗る際は、事故の衝撃から頭部を守るためヘルメットをかぶりましょう!
2 加齢に伴い身体機能は低下します。安全運転と安全確認をお願いします!

夜間に自転車を運転する人のイラスト
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した自転車乗用中の高齢者の月別死者数 1月6人 2月3人 3月7人 4月3人 5月5人 6月4人 7月3人 8月5人 9月6人 10月9人 11月6人 12月7人
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した自転車乗用中の高齢者死者の負傷部位内訳 頭部 78パーセント、50人 胸部 8パーセント、5人 腹部 6パーセント、4人 その他 8パーセント、5人

※1 左図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した自転車乗用中の高齢者の月別死者数
※2 右図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した自転車乗用中の高齢者の死者(64人)の負傷部位内訳
    (頭部:50人、胸部:5人、腹部:4人、その他:5人)

ある日突然、大阪で発生した死亡事故の事例

自転車乗用中の高齢者が信号のない交差点で自動車と衝突して、事故による衝撃で、頭部を強く打ちつけ亡くなる事故が発生しました。交差点では一旦停止して周囲の安全を確認しましょう。近所に出掛ける時でもヘルメットをかぶりましょう!

自転車を運転する人のイラスト/自転車のるときヘルメット

印刷用チラシ

本ページのチラシ(PDFデータ)をご用意しました。自由にダウンロードや印刷することができるようになっていますので、印刷して交通安全教室や交通安全の啓発活動の機会にぜひ活用してください。