自転車運転者講習の概要(平成27年6月1日施行)

「自転車運転者講習制度」とは?
改正道路交通法の施行(平成27年6月1日)により、自転車の運転に関して、信号無視などの危険なルール違反を繰り返すと、公安委員会から自転車運転者講習の受講を命ぜられる制度です。
※ 公安委員会が講習の受講を命じる一定の危険な違反行為をして
※行為の内容ついては裏面に記載
2回以上検挙され又は事故を起こした悪質自転車運転者
自転車運転者講習を受講
■講習時間:3時間
■手数料:5,700円
※ 受講に従わない場合
5万円以下の罰金

自転車のハンドル等に傘スタンドを固定して傘を差して運転したらどうなるの? 
■傘スタンドを使用しての傘差し運転について
傘スタンドを使用しての運転は片手運転にはなりませんが、次のような違反になる可能性があります。
●道路交通法 第55条第2項
(乗車又は積載の方法)積載物により運転者の視野が妨げられる場合等
●道路交通法 第70条
(安全運転の義務)通行人に傘が接触し、他人に危害を及ぼした場合(交通事故)等は、危険行為の対象となる可能性があります。  
●大阪府道路交通規則 第11条第4号
(軽車両の乗車又は積載の制限)「傘スタンド」に傘を積載した場合に、傘の幅及び高さの制限は、幅0.3メートル及び高さ2メートルで、超えた場合は違反になります。
なので、使用しないでください。
(参考)片手で傘をさして自転車を運転することについて
●道路交通法第71条第6号大阪府道路交通規則第13条第2号の違反になります。
大阪府警察