更新手続

認知機能検査について

概要

高齢運転者の交通事故防止を図るため、更新期間満了日における年齢が75歳以上の方に、免許証の更新の前に運転に必要な記憶力、判断力等に関する検査を行 い、その結果に基づいた高齢者講習を行うことによって、自己の状況を自覚していただき、引き続き安全運転を継続することができるよう支援していきます。
平成29年3月12日の改正道路交通法施行に伴い、改正前は、検査の結果、記憶力・判断力が低くなっていると判定された方のうち、一定の期間内に一定の違反行為がある方は、医師の診断を受けていただくこととされていましたが、改正後は、検査の結果、記憶力・判断力が低くなっていると判定された方は、一定の違反行為の有無にかかわらず、認知症に関する医師の診断又は診断書の提出が必要となり、後日、公安委員会から通知があります。
その結果、認知症と診断された場合には、免許が取り消されます。

認知機能検査を受けていただく方

免許証の更新期間満了日における年齢が75歳以上の方が対象となります。

検査の内容

認知機能検査は、時間の認識の正確性や記憶力等を測定する30分程度の簡易なもので、次の3つの検査を行います。

  • 検査時における年月日、曜日及び時間を答えていただきます。
質問 回答
今年は何年ですか?
今月は何月ですか?
今日は何日ですか?
今日は何曜日ですか? 曜日
今は何時何分ですか? 時 分
  • 一定のイラストを記憶してもらい、時間をおいた後、手がかりを言いますので、それをもとに答えていただきます。
イラスト
  • 時計の文字盤を描いていただき、その文字盤に指定する時刻を表す針を描いていただきます。
イラスト

認知機能検査は、記憶力、判断力の状況を確認する簡易な手法の一つで、認知症の診断を行うものではありません。

認知機能検査の検査用紙等の入手を希望される方は警察庁ホームページ内の「認知機能検査について」をご覧ください。

検査の結果

検査結果は、3つの分類に判定されます。
第1分類
記憶力・判断力が低くなっている方
第2分類
記憶力・判断力が少し低くなっている方
第3分類
記憶力・判断力に心配のない方

検査結果の通知

後日、公安委員会から認知機能検査結果と検査結果に基づく高齢者講習のお知らせをします。

検査の結果、第1分類(記憶力・判断力が低くなっている方)と判定された方は、公安委員会の指定する専門医の診断を受けるか、主治医の診断書を提出しなければなりません。
その結果、認知症と判断された場合には、免許が停止されるか取り消されます。